糸のフェイスリフトでたるみがなくなりました

アンチエイジングを意識するようになりました

アンチエイジングを意識するようになりました | エイジングケアの基礎化粧品を使うだけでは不十分 | フェイスリフトは糸を挿入してお肌をリフトアップさせるもの

アラサーぐらいの年齢になってから、アンチエイジングを意識するようになりました。
以前はオイリー肌だったのですが、乾燥を感じるようになったんです。
乾燥が悪化してくるとシワやたるみに繋がるという話を聞いたことがあるので、エイジングケアをすべきだと考えました。
最初のうちはアンチエイジングの基礎化粧品を使い続けていたんです。
普通の基礎化粧品よりも保湿力は高いですし、老化を予防することができると感じました。
私はシワよりもたるみが気になっていたのですが、エイジングケアの基礎化粧品を使ったことでシワが目立たなくなったのが嬉しかったです。
保湿をすることで改善されたように感じるので、やはりエイジングケアをするのは大事です。
ところが肝心のたるみは改善されませんでした。
仕事が忙しくなったりストレスを受けるようになってから、どんどん顔が老けていきました。
そこまで目立っていなかったたるみも以前よりも目立つようになって、実年齢よりも老けて見られるようになったんです。
すごくショックでしたし、ますますコンプレックスが強くなりました。

フェイスリフトの相談

患者さんが診察室に入ってきて驚くこと

顔にヒアルロン酸入れすぎ。


糸で引き揚げたために何となく頬に糸が透けていたり、ありえない場所にえくぼがある。


糸を用いたスレッドリフト、ヒアルロン酸注入はいい治療ですが、やりすぎは禁物

— こいずみ形成クリニック 院長 小泉正樹、眼瞼下垂・二重修正 (@meteor_biyo) 2019年9月28日